2002 | Z-MCY-14 | STREET DRAG RACER 2

ハーレーダビッドソン ( Harley-Davidson ) のエンジンを搭載したカスタムバイク、ストリートドラッグレーサー ( STREET DRAG RACER ) です。
以前に、2002 | Z-MCY-09 | STREET DRAG RACER として制作した STREET DRAG RACER の各部を再検討して大幅に作り直しました。
各部の色が同じなので、一見同じように見えますが、エンジンの腰上部分とタンク及びその支持方法のみを、前作から継承しています。

前作で納得いかなかったのが、ドライブベルト(トランスミッションから駆動輪に伝達するベルト)がプライマリーベルト(エンジンのクランク軸からトランスミッションへ伝達するベルト)よりも外側に位置してしまっているところでした。
実車の世界でもそうなのですが、リアにワイドタイヤをはかせようとすると、どうしても問題になってくる部分です。
通常は、プライマリーベルトを外側にオフセットする事で対処しますが、これくらい太い場合には、トランスミッション自体を社外品に積み替えて、本来左側に位置するドライブ系を右側に変更する事で対処することになると思います。
Z-MCY-10 TOP FUEL DRAG RACER でも、実車を参考にして、そのような組み方をしてあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.