2020 | Z-MCY-18 | JAPANESE SUPERBIKE 1980

1980年頃の日本製の大型バイクです。
特定の車種の再現ではなく、オリジナルデザインです。

DOHC の並列4気筒エンジンは、一部を過去の自作品から継承しています。
シリンダーユニットは9stud(ポッチ)の幅しかありませんが、ピストンと後輪が連動して動きます。クランク軸の独自の支持方法がこのエンジンのミソです。
エアファンネルむき出しのキャブレターユニットは最近の部品でアップデートしました。できればもう少し水平にマウントしたいところです。
残念ですがクラッチや変速機構は組み込んでいません。予定もありません。

当時の実車に近い構成のダブルクレードルフレームは、ヘッド(ネック)部分のキャスター角度の再現と強度を確保しつつコンパクトに構成するのに大変苦労をしました。
この部分は強度を上げるためにテンションをかけたイレギュラー組みを採用しています。子供(もちろん大人も)が手で走らせても大丈夫くらいな強度を実現しています。

ちょうど良いサイズのコンパクトなヘッドライトとメーターユニット、支持部がスッキリしたブレーキ・クラッチレバーなども見せ所です。

センタースタンドとサイドスタンドも実車同様に作動します。サイドスタンドの角度は納得できていません。今後の課題です。

このスケールサイズの作品ではフェンダー、ブレーキキャリパー、ミラー、ホーシング等は、今のところあえて省略する方針です。

LEGO オフィシャルからの製品化を目指して、LEGO IDEAS のサイトに登録しています。

10,000 票のサポートが得られれば製品化の検討がされます。是非、投票(サポート)をお願いします。
この作品は部品を集めれば再現できますが、希少な部品を多数使用していますので金額と時間のコストが大変な事になります。
LEGO GROUP から適価で発売されることを望みます。

CAFE RACER EDITION
このモデルをベースにしてカフェレーサースタイルにカスタマイズしました。こちらも是非ご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.